Google Maps APIsとは - ビジネスでGoogleMapsAPIsをフル活用

Google Maps APIsとは

subpage01

GoogleMapsAPIsとは、企業や行政機関などで活用されているマッピングサービスです。
機能としては、GooglePlacesAPIsにより、1億以上のビジネスリスティングや観光名所から成るGoogleの世界規模のデータベースを丸ごと、アプリケーションに組み込むことが可能。

Google Maps APIs Premium Planを知りたいならご活用ください。

そして、顧客や利用者は、199の国々における経路情報を使い、DirectionsAPIを活用することで、店舗やホテルなど、さまざまな目的地までのルートを知ることができます。


また、実際の場所に忠実なストリートビュー画像を使って、ユーザーが事前に目的地を確認することも可能です。



実際の導入事例として、駐車場ビジネスを展開している企業の場合は、GoogleMapsAPIsを活用し、日本のドライバーが目的地付近の空いている駐車場を検索、予約、共有するためのサービスを開始しました。
日本全国にチェーン展開するレストランの場合は、顧客に各店舗を検索してもらうための地図サービスをリニューアルし、店舗へのアクセス数150%増に貢献しました。

さらに、地方自治体においてもGoogleMapsAPIsが活用されています。
静岡市は、クラウド環境を活用したGIS(地理情報システム)を開発。


大規模災害時にも安定運用が可能になりました。

料金は利用上限超過時のみ課金となる無料プラン「標準プラン」と、利用上限拡張やAPI機能拡張、24時間態勢の技術サポート、広告掲示なしの年間契約プランである「プレミアムプラン」の二種類から選ぶことが可能です。