• 電子機器組立に利用する手順書とは

    • 電子機器組立を行っている工場では1つの製品を複数の人がそれぞれの役割分担を持って製造が行われています。


      ネジ止め作業だけでも数名の従業員が、電動ドライバーを利用してそれぞれの担当となる部分のネジを止めるなど、一つの電子機器を完成させる前には色々な工程があります。

      電子機器内部には電子部品が実装されたプリント基板が複数利用されている事もあり、複数のプリント基板を一人の人が取り付ける、ハーネスの接続を行うと作業工数が多く掛かる事になってしまいます。

      盤改造情報をお教えします。

      また、それぞれの力量と言うものがあるので、多くの作業を一人が行えば、後工程が遅れてしまう事もあります。

      産経デジタルが評判になっています。

      そこで電子機器組立は複数の従業員が決められた作業だけを行い、後工程の人にベルトコンベアなどを利用して運ぶと言うラインを構成しているのです。



      尚、自分が何をすれば良いのかを把握するために用意されているのが作業手順書や工程手順書と呼ばれている書類で、工場のラインにはそれぞれの役割が明確になっているページが頭上などの目に入りやすい場所に掲示してあります。


      電子機器組立で利用する作業手順書もしくは工程手順書は、全工程が1冊の本のような状態になっており、組立開始から完成までの一連の流れが記載してありますが、作業者は必要なページだけを見る事が出来るよう配慮が行われているのが特徴です。

      同じ処理を繰り返し行う事で、作業性を向上させるメリットと一定の品質を保つ事が出来る製品を作り出す事が出来ると言うメリットに繋がっています。

  • 納得の真実

    • 電子機器組立に関する技術と仕事

      電子機器組立と聞くと、なにか難しいことのように感じるかもしれません。でも、私たちの周囲にあるスマートホンやタブレット、テレビや電卓などを作ったり、修理すると言い換えると、すこし身近なことに思えるのではないでしょうか。...

  • 驚く情報

    • 電子機器組立には、まず工具を揃えるのも肝心

      電子機器組立を行う際には、作業に合った工具が必要です。つまり確実な接続とキレイな仕上がりにするには、その作業の為の工具が無いからと代替えの工具を使えば、確実な作業が出来ないばかりか、余計な時間が掛かったり、部品を傷付けたり、壊したりと、その出来栄えは散々な結果になるものです。...

  • 科学について思うこと・情報分析

    • 電子機器組立の出来栄えは、半田の上手さにあり

      電子機器組立ては、電子部品であるトランジスタやICと、抵抗やコンデンサ、コイルなどを基板の上に配置し、電気的に接続する分けですが、その全てにおいて半田付けの技術を要します。この半田付け、上手な人の作った半田面は非常に整然とキレイであり、その見た目同様に、部品同士の電気的な繋がりも良く、長年使っても組み立ての原因による故障が発生しにくいものです。...

    • 基板実装とは何か、それはどのようにおこなわれるか

      ガラスエポキシ樹脂の板の両面に銅箔を貼り、そこに電気回路を設けたものをプリント基板と呼びます。回路は露光・現像・エッチングという技術を用いて成形され、あるいは複数の回路を積層するなどして、小さな面積のプリント基板に高密度の電気回路を実現することができます。...